【キャンベラ観光】オーストラリア 戦争記念館 感想

スポンサーリンク

シドニーから片道5時間かけてキャンベラにやってきた私たち。

(前回の記事はこちら)

 

この旅一番の目的は、オーストラリアの戦争記念館に行く事。というか、キャンベラ観光といえばココ

名前は戦争記念館だけど、アボリジニの文化やオーストラリアの地形や芸術なども展示されているので、一日中いても飽きないかも!

前置きはここまでにして、中の様子をご紹介!

 

【エントランス】

まずは受付で荷物を預けます。

館内に持ち込めるのはカメラや貴重品だけ。

入場料はなんと無料ですが、入ってすぐに大きな募金箱あり。

募金なので任意ですが、ほとんど全員募金していきました。

 

【1階】

入り口からすぐのところに、何やらハイテクなものが。

スマホを置けるようになっていて、木になるカテゴリーにスマホをかざすと、それに関する説明文と音声がスマホ画面に流れます!凄い!

当時は今ほど英語を理解できなかったのですが、この機能で遊んでいました。

 

〜中略します〜

 

【第二次世界対戦エリア】

日本人として一番興味深いエリアにきました。

気のせいだと思うけど重い空気。

そうだよね。

だって、日本がオーストラリアに直接攻撃を仕掛けた唯一の国だもの(><)

(恥ずかしい話ですが、私、オーストラリアに来る前までは、オーストラリアは戦争とは無縁な国だとばかり思っていました。もっと言うと、日本と戦っていたなんて知りませんでした(><))

オーストラリアの北部、ダーウィンに上陸した日本人がどのようにしてオーストラリア人を殺戮したのかとか、どんな戦い方をしたのかが生々しく説明されているエリア。

あまり写真を撮る気になれず、少ししか載せられるものがありません。ごめんなさい。

 

中には戦後日本から押収した日本の史料もあり、英語が分からなくても理解できます。

うっかり日本語で口に出して読みそうになりハッとしました。

それくらい周りにいるオーストラリアに申し訳ない気持ちになります(><)

ここを訪れる人たちのために、内容は詳しく書きません。

代わりに感想を書かせて下さい。

 

 

正直私はここに来れて良かった!


だってこんなの、日本にいたら知れないことばかりだったから。

ポジティブな言い方はこの場に似合わないかもしれないけど、はじめての発見だらけでした。

私がいた中学高校は割と平和学習に力を入れていて、修学旅行では沖縄や長崎で戦争体験を聞いたり、日本軍がアジアでどんな事をしたのか映画をみたり、、、戦争を振り返る機会を多く与えられていました。

それでも、やっぱり日本にいるだけでは知らない事ばかりだったなって思う。戦争とか平和を語るには、日本には情報が少なすぎる。

読書感想文も、平和を訴える映画もいいけど、史実もちゃんと知らないとそれらが勿体無い。

これをきっかけに近代史に興味が湧いた私は、ひとつの歴史本を購入しました。(この本については、長くなるのでまた次回書かせて下さい。)

 

戦争記念館。

今は当時よりも英語が読めるから、もう一度行ったらもっと分かることがあるかもしれない。

もう一度シドニーに行くことがあれば、また行きたいな!

この日、戦争記念館を後にした私達は旧国会議事堂周辺を散歩し、帰宅。

長いようであっという間だったキャンベラ旅行でした!

スポンサーリンク