【シドニー 観光】イルカにも会えるかも?ボンダイビーチでサーフィン

スポンサーリンク

オーストラリアといえばサーフィン!

シドニーにいる間にせっかくだからサーフィンを体験したい!

ということで、ボンダイビーチにある初心者向けの体験クラスに参加しました.。

私が利用したサーフショップを紹介します。

Let’s go Surfing Bondi



予約サイトはコチラ

『Let’s go surfing』がこのサーフショップの名前。トリップアドバイザーでもランキング上位にあり、口コミも良かったのでここで即決しました。

場所は前回の記事でご紹介した『Speedos Cafe』の隣です。私は用事があったので寄れませんでしたが、サーフィン終わりにこのカフェでゆっくり寛いでも最高です。

前回の記事

 

初心者にオススメ

私が参加したのはグループレッスン。私含めて7人の参加者は、ほぼ全員ビギナー。

私も湘南で2回体験レッスンを受けたのみで、まだテイクオフどころかパドルも充分にできないレベルでした。

オーストラリアの波は湘南と比べて高いけど、ビギナー向けのポイントで練習したのでそこまで怖くありませんでした。

 

ビーチでテイクオフ(ボードの上に立つ練習)を何回か教えてもらった後、インストラクターと一緒に入水。

2時間ずっとインストラクターが付きっきりでレッスンしてくれました。

そしてトライすること数回目に、ついに・・立てた!!

海外で初のサーフィン!オーストラリアの青い海と広い空の下で波に乗った時は本当に気持ちよかった!

 

実はこの立てた瞬間、ビーチ側でもう一人カメラマンさんが写真を撮ってくれていました。勿論私の少ないテイクオフもばっちり収めてくれていました。

これはレッスンが終わった後にメールで送られてきますが、1枚10ドルで購入が必要です。(私は購入せずスクショで保存したので著作権的にここへ載せられませんが、そもそもへっぴり腰でドヤれるような写真ではないです。笑)

カメラ等の貴重品はもちろんショップへすべて預けてしまうので、こういった写真のサービスは嬉しいですね^^

※ちなみに、ショップへ預けるといってもロッカーではなく、参加者の荷物を一ヵ所に纏めておくだけ。心配な人はあまり高価な物は持ってこないほうが無難です。

 

イルカの群れに遭遇

波待ちをしている時、沖にいた子供が突然『LOOK!!』と叫びました。見ると水面から背びれが!!!

一瞬サメだ!!と思い焦りました。

ところが波待ちをしていた人たちがその背びれに向かって泳ぎ始めたんです。

よく見ると数匹のイルカでした。水面をアーチを描くようにジャンプしていたんです。

みんなが追いかける(笑)ので、すぐにいなくなってしまいましたが、サーフィン中にドルフィンウォッチングができたのはとてもラッキーでした。

 

実はこのサーフィンスクール、ボンダイだけではなく、

マロウブラバイロンベイにもあります。

 

マロウブラ

マロウブラショップの詳細はコチラ

バイロンベイ

バイロンベイショップの詳細はコチラ

 

いかがでしたか?Let’s go Surfingは英語初心者の私に対してゆっくり話してくれる等の配慮もあり、安心して参加できるスクールでした。

是非サーフィンのメッカ、オーストラリアでサーファーデビューをしてみてください♪

※この記事は2016年4月の出来事をもとに書いています。

スポンサーリンク