【シドニー観光】ワーホリ中に訪れたスポット7選と格安ステーキの店

スポンサーリンク
Nanako
こんにちは、Nanakoです。

ワーホリ中シドニーにいたのはたったの3週間。短い間でしたが、大体の観光スポットを巡ることはできました。

シドニーを訪れたら1度は行っておきたいスポットを紹介していきたいと思います。

ボンダイビーチ

ここは私が滞在中何度も訪れたお気に入りのビーチ。

サーフィンに参加したり、カフェやお散歩を楽しみました。

青い海と空。そしてオーストラリアらしいカフェやブティックを楽しむにはうってつけの場所。シドニーの中心地からは電車で行ける距離ですが、ビーチをゆったりと楽しみたい人はボンダイ地区のホテルに泊まるのもいいかも!

ブルーマウンテン

 

シドニー発ブルー マウンテンズまるごと小グループ日帰り旅行

シドニーの観光名所として外せないのがココ、ブルーマウンテン。世界遺産に登録されているだけあって壮大な景色を楽しめました。

楽しめるかどうかは天候にかなり左右されるので、お天気予報を確認しておきましょう。

トレッキングコースもあるので自然をゆっくり楽しみたい人にはオススメかも。

シドニータワー

シドニーのランドマークといえばココ!タワーの最上階では命綱をつけて外側をぐるっと一周歩けるアクティビティも?

ただし1人で行くのはあまりオススメできないかも・・・。詳細は以下↓

キャンベラ



厳密にはシドニーではないですが、シドニーから日帰りで行けるという意味では抑えておきたい観光スポット。

中でも有名な戦争記念館は行く価値あり♪

私は週末に行って後悔したので、行くなら平日がオススメ!

マンリービーチ



ボンダイビーチの次に有名なマンリービーチ。ここではサーフィンも勿論、シュノーケルもできます♪

出店なので安くて可愛い服や水着が売られているので気軽に買い物ができます♪(ボンダイはオシャレなブティックが多いイメージかな。)

ボンダイとは異なりファミリー層が多い印象を受けました。よりローカルな雰囲気を楽しみたい人は行ってみるといいかも♪

パディントン

シドニーの中でもオシャレなセレクトショップやカフェが並ぶエリア、パディントン。

さすがに流行の発信地と言われているだけあって、歩いても全く飽きがこないくらい素敵なブティックがいっぱい。

このエリアにある住宅街も、家そのものがカラフルです♪(アーティストのテラスハウスが多いとのこと)

 

毎週土曜日にはマーケットが開催されています。現地アーティスト手作りの小物も多く売られているので、お土産を買いたいなら土曜日がオススメ!!

↑可愛いタイル、どれを買おうか迷った。。笑

 

屋台で売られていたラムソーセージのホットドック♪

 

フリーの市内観光

シドニー中心地にも見どころはたくさん。それらを効率良く回れる無料のツアーがあります♪

詳しくまとめました↓

 

食事編

格安ステーキが食べられる!?Scruffy Murphy’s

オーストラリアに来たならアンガスビーフ食べておきたい!!そう思う人は多いはず。

ここ、スクラフィー・マーフィーズはアイリッシュパブですが、なんと6.95ドルで300gのステーキが食べられるんです♡(私が行った時は値上がり前の5.95ドルでした)

必ず飲み物のオーダーが必要ですが、飲み物と合わせても10ドル。物価が高いオーストラリアとしては破格。

Nanako
節約ワーホリとしては嬉しかった!

レストランというよりはパブなので、最初にカウンターで注文をして支払いを済ませるスタイルです。

この時にお肉の焼き加減、ソースの種類、備え付けのポテト(フライかマッシュ)を選びます。

高級店のステーキと比べたら劣るかもしれませんが、かなり美味しく何度もリピートする人も多いくらい人気。

 

コリアンBBQ

シドニー最終日にはチャイナタウン近くのコリアンBBQで最後の晩餐を楽しみました。

メンバーはボンダイを案内してくれたモニカちゃんと、セブ留学中に知り合いシドニーでは偶然同じマンションに住んでいた2人♪

2人が「ここのビビン冷麺はシドニーで一番美味しい」と勧めてくれたけど本当だった!絶品♪

ただここのお店の名前を忘れてしまったので読者の皆様にお伝えできないのが残念><

誰かこのお店の内装を見てわかる人がいたら教えてください笑

 

 

最後は日記のようになってしまいごめんなさい笑

3週間という短い間にできるだけ周ってみたので、参考になれば幸いです。

存分にシドニーを楽しんだ私は、この翌日に西オーストラリアのパースに向けて旅立ちました。

次回からは西オーストラリア編スタートです^^

スポンサーリンク